スーパーヒロイン危機一髪!!Vol.43 ナイトフィーバーV ミス★エクシード編の紹介です。

ストーリー:ナイトフィーバーⅤの紅一点のミスエクシードは、爆弾のシグナルをキャッチし敵の戦闘員達と戦っていた。しかし、それは彼女を一人にするための罠だった。敵幹部と最強の怪人二匹に囲まれたミスエクシードは3対1の劣勢に追い込まれる。触手で首を絞められエネルギーを吸収され、弱った所を敵幹部に犯され憔悴したミスエクシードは電気処刑されてしまう。五人で一つのナイトフィーバー達に、新たなミスエクシードが登場するが、彼女もまた一人で戦いに挑む。何故にそんな無茶をするのか?彼女は殺されたミスエクシードの双子の妹だったのだ!姉を殺した敵は自分が倒し仇を討ちたかった…。だが、その焦りは、妹のミスエクシードも劣勢に追い込む。強敵の触手怪人とマシン怪人に絶体絶命のピンチに追い込まれる。彼女に合流するために仲間は急ぐが、敵幹部達が、妹のミスエクシードを犯す方が早かった。無理矢理に昇天させられ潮を大量に噴かされ、中出しされ屈辱とその恥ずかしさで意気消沈し、妹まで処刑の魔の手が迫る。しかし、夢か幻か!?その時、死んだ姉の声が彼女の心に木霊する。新ミスエクシードに、最後の闘志が蘇る!

主演:永沢まおみ

1

2

ボス「一人に狙いを集中させて倒せ」

幹部「ははー!」

3

ミスエクシード「確かこのへんに爆弾のシグナルが・・・」

4

雑魚「騙されたな!」

5

6

7

幹部「一人ではどうすることも出来まい」

8

9

10

11

12

幹部「朽ち果てるがよい」

13

ミスエクシード「変身!」

14

なんやかんやでまた捕まる。

15

そして死亡してしまうミスエクシード。

16

幹部「死に顔でも見るか」

17

18

幹部「クククク」

19

本部「まさか・・・」

20

そのころもう一人の謎のミスエクシードが戦いを始めていた。

21

22

幹部「ばかな!貴様は死んだはず!」

23

ミスエクシード「エクシードソード!」

24

ズバシャー!

なんと雑魚を盾に!

25

ドス!

ミスエクシード「ぐえ!」

26

ミスエクシード「私はお前たちに殺されたミスエクシードの妹よ!」

27

28

29

ミスエクシード「何をする気!?」

30

幹部「喰らえ!」

ズバー!

31

ビシャー!

ミスエクシード「ぎゃああああ!」

32

ボシュー!

33

34

35

36

37

38

39

撮影されるミスエクシード。

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

中出しされてしまう。

52

死んだ姉「あなたにはまだ秘めた力があるのよ!頑張って!」

53

ミスエクシード「姉さん!」

54

ミスエクシード「はあああああ!!!」

55

ミスエクシード「よくも・・・・!」

56

幹部「なぜ立てる!?」

久しぶりの乳アングル。このアングル地味に好きw

57

58

59

ミスエクシード「ここまでよ」

60

ミスエクシード「エクシードソード!」

61

覇王丸並みの立大斬り!

ズバシャー!

62

幹部達「グギャー!」

63

64

久しぶりのハッピーエンドというか、勝利エンド。
歴代ミスエクシードの中ではスレンダーなほうかな?
というか・・・
この話しにはifストーリーがありまして・・・
全裸マスクオン好きはパケ見て「おいおいどこだよ」と思っておられると思うのが次回にて。

続く。